伊藤家のつぼ 真鶴支店 (仮名)

八丁堀の寿司屋が 真鶴という港町に移住を決めた 移住決定~現在の足跡

何もしない旅をする。


長野小谷村にて大自然に触れる旅から、
都内、暴飲暴食の旅まで御伴させていただいているご夫婦が、

事業の一環として清澄白河の深田荘にて、
「リカシツ」を営まれています。

伊藤家のお水入れになっている薬瓶もリカシツから調達しました。

元は理化学のガラス製品を扱う卸問屋さんで、
インテリアとして使える雑貨店がリカシツ。
そこからまたまた派生しました「リカロマ」なる集まりに参加してきました。

まず驚いたのがいつも伊藤家に来てくれるお客さんがお客さんとしているがなーーー!!
ってとこw


一人参加のわたくしはお仲間に入れていただいて同じテーブルにて蒸留。

20170528_130843本日の香りはローズ

リカシツが考案した
リカロマ蒸留器にローズを投入し、
職人さん手作りの機器を組み立てていきます。
(簡単)

20170528_131753コトコトコトコト

煮だすこと十数分。
その間にアロマの先生から
アロマオイルの説明を受け、
自分の好きな香りをセレクトします。

半分は原液のままのローズが香る蒸留水。
半分は好みのオイルをブレンドした
オリジナルのアロマウォーターが出来上がります。
20170625_101737

煮だす素材によって、お掃除するときの殺菌効果があったり、
安眠~ゲンキ!まで、さまざまな効果があるとのこと。

へー!香りって面白い。植物ってすごい!と、感心しきりの一日。

何故リカロマに興味を持ったかって?
答えは簡単。
真鶴には自然がたくさんあって、柑橘類の宝庫だからです♪

皆様を手作りの真鶴の香りでお出迎え出来たらいいなー´~`*
なんて、乙女の様な夢を抱いているわけであります。



20170625_085129















何でサカサマにしかならないんじゃ!

と思いながら、
ま、いっか。と、そのまま掲載してみる。

毎週のように真鶴、小田原、に向かっています。
たまに東京でも打ち合わせ。

そう、設計の打ち合わせ。
予算の割りに希望が多すぎるわがままな客を相手に
悪戦苦闘している設計士さんですww

人にものを伝えるというのはとても大変ですね。
特に「イメージ」というものは厄介です。
でも、妥協しないで頑張ります。
今までの集大成であり、未来への入り口ですから^^


もっさりしていた庭木も、とてもスッキリしました。
DSC05900DSC05901DSC05902




DSC05903DSC05904DSC05905




DSC05907
私達がいない間にも、働いてくれている人がいます。
庭師さんももちろんですが、
この物件をお世話してくれた不動産屋さんです。


物件を売買した後、何の特にもならないのに、とてもよくしていただいています。
設計士さん、内装屋さん、瓦屋さん、庭師さんの紹介、
そしてそれを現地にて管理、監督していただいています。
郵便物が届いたとか、元あったお店の看板の修正や
未だ訪れるお客さんに移転のお知らせしてくれたり。。
この写真も不動産屋さんが送ってくれました!


人との繋がりって、偶然で、必然で、
とても大切にしていきたいと、心から思います。

皆さん!!本当にありがとうございます。感謝!!(〃▽〃)



あ、真鶴に別荘が欲しくなったら是非「天城興業」さんへ🎵

あらやだ。
お久しぶりです。

こんなに時がたっていたとはね。


母、姉を連れて初の真鶴散策の日。
丁度、「なぶら市」開催日でした。

この日はちょっとお客さん少な目??
なんとなく哀愁を覚える感じの日曜市場。
でも地元の子供たちは久しぶりの出店(といっても、とてもお洒落)
に大はしゃぎで、ほのぼの日曜の昼下がり。

とりあえずお父ちゃん並ばせて生しぼり湘南ゴールドジュースget!
20170430_11162020170430_111844










ま、ちとばかしぬるかったのがなんですが、
喉も潤ったことですし、ランチへと向かいます。

真鶴漁港の目の前にある地中海料理「honohono」さん。
真鶴漁港の魚、真鶴の農家さんから届く野菜を使っています。
たぶん、移住であろうオーナーさん、私たちの憧れの業の先駆者。

といいながら、私は肉w
20170430_11563120170430_122252






ローストポークのランチうまし。

もちろん付けましたよ!別注で魚介もりもりのブイヤベース!
20170430_120753









honohonoさんのブログ見てると小さな漁港にもたくさんの魚が上がるようで、
とても楽しみになります^^

↑このページのトップヘ